CSRへの取り組み

CSRの基本姿勢

 

人権・労働

 雇用における差別をせず。適切な管理を実施いたします。

 

安全衛生

 職場における業務上の事故や健康障害(安全に対するリスク)を評価し、職場の安全を確保するため

 の適切な管理を実施いたします。

 

環境保全

 豊かな地球環境の構築を目指し、資源とエネルギー、全ての廃棄物について低減・削減を行っていき

 ます。

 

公正取引・倫理

 消費者や顧客、関係者に対して積極的に情報を提供・開示し、公正で透明な事業活動を実施いたします。

 

品質・安全性

 トレーサビリティ(材料・部品・工程などの履歴)の管理及び問題解決に向けた迅速な対応による製品安

 全性を確保し、ISO9001認証取得による品質保証活動を継続的に行っています。

 

地域・社会への貢献

 地域社会と経済の発展に貢献する活動を推進していきます。

 

CSR推進活動

 当社はCSRを事業と一体のものとして推進し、社会の変化に対応した改革と継続的に努力を行い、よき

 企業市民として積極的に社会活動に参画することを基本として
 ・公正で透明な事業活動
 ・社会やお客様のための高付加価値の創造
 ・豊かな地球環境の構築

 を活動の基盤として推進していきます。

 

1. 労働管理

 雇用の自主性

  全ての従業員をその自由意思で雇用し、自由な離職の権利を制限するような行為を起こさない。
  従業員に強制労働や債務労働、奴隷労働、囚人労働をさせない。

 
 児童労働

  最低就業年齢に満たない児童を雇用しない。
  若年労働者の発達を損なうような夜間労働や危険作業の就労をさせない。

 

 労働時間

  従業員の労働時間を適切に管理し、不当な休日制限や休暇制限をしない。

 

 最低賃金

  法定最低賃金に満たない支払いや不当な賃金減額は行わない。

 

 非人道的な扱い

  従業員の人権を尊重し、虐待や体罰などの過酷で非人道的な扱いはしない。
  従業員の人権を尊重し、各種性的嫌がらせなどの非人動的な扱いはしない。

 

 差別

  求人・雇用における差別(年齢・性別・障害者等)をせず、公平に行う。
  雇用中に機会均等と処遇において差別せず、公平に行う。

 
 結社の自由

  労使間協議について不適切な拒否が起きないよう適切な管理をする。

 

2.安全衛生

 職場の安全

  職場における業務上の事故や健康障害(安全に対するリスク)を評価しなければならない。 
  また、リスク評価結果より職場の安全を確保するため適切な管理を実施する。

 
 緊急災害時対応

  発生しうる災害・事故などを想定の上、緊急時の事前対策を準備しておく。
  緊急時の対策についてコンティンジェンシープラン等の事業復旧計画を準備しておく。
  緊急時の対策手順を職場内に周知徹底させる。

 
 労働災害・職業疾病

  労働災害及び労働疾病があれば経営者に報告し、経営者は適切な対応をする。

 
 産業衛生

  職場において人体に有害な化学物質や生物及び騒音や悪臭などの物理的要素に接する状況を把握し

  ておく。

 
 身体的な負荷作業

  身体的に負荷のかかる作業があれば、それを特定し、対策や災害・疾病に繋がらないよう適切な管

  理をする。

 
 機械装置の安全対策

  使用する設備類に適切な安全対策を講じておく。
  使用する設備の日常点検・定期点検を実施し、維持管理していく。

 

3.環境保全(環境マネジメントシステム)

 環境許可認証と報告

  環境に関して所在国の法令等に従い、必要とされる場合は行政からの環境認可を受けておく。
  環境に関し所在国の法令等に従い、必要な行政への管理報告を提出、管理者の選任を行うよう適切な

  管理をする。

 
 汚染防止策と省資源化

  資源とエネルギーについて低減・削減を行う。
  全ての廃棄物について低減・削減を行う。

 
 危険有害物質

  製造で使用する化学物質について危険有害物質を特定しておく。
  製造で使用する化学物質について危険有害物質の取り扱い、保管・廃棄などを適切に管理する。

 
 排水と廃棄物

  製造で発生する排水や廃棄物に関しては放流・最終廃棄物処理時に適切な管理をし、処理する。

 
 大気汚染

  業務上発生する化学物質や排出ガスを特定し、適切な監視と管理をする。

 
 製品含有物質規制

  関連法令や顧客要求事項に指定された製品含有禁止物質について適切に管理する。

 

4.管理の仕組み

 企業のコミットメント

  企業の社会や環境についての方針を宣言する。
  企業の規範への順守と継続的な改善に取り組むよう教育・訓練を徹底する。

 
 経営の説明責任と責任

  行動規範への管理の仕組みを運用し、定期的なレビューを保障する責任者を決める。

 
 法律と顧客要求

  関連する法令・規制・顧客要求事項について特定し、監視、理解をする。

 
 リスクとリスク管理

  事業にかかわる環境、安全衛生、労働慣行に関する行動規範におけるリスクを評価し、影響度を

  把握する。
  事業にかかわるリスクと法令を順守するための仕組みを管理する。

 
 活動目標、実行計画、測定

  行動規範に関する活動目標、実行計画を明確にし、定期的な評価を実施する。

 
 研修・教育訓練

  行動規範に関する方針、取り組み、改善目標を実施するために教育研修計画を作成し、実行する。

  コミニュケーション

  当社の実績や施策、従業員、取引先、顧客への期待を正確に伝達できるようにしておく。

 
 フィードバックと参画

  行動規範の活動に関して従業員の評価を理解する。
  行動規範の活動に関して継続的に従業員へフィードバックして、持続的に改善する。

 
 監査と評価

  法令・規制順守と当規範、顧客要求、社会的、環境責任に適合するために定期的な評価を実施する。

 
 改善措置

  内部・外部評価により規範に適合する活動への適時改善をする。

 
 文書化と記録

  個人情報を機密管理したもとで、法令順守と要求事項への適合状況について文書化し記録する。

 

5.倫理

 ビジネスの高潔

  取引関連において、汚職、恐喝、横領を禁止する。

 
 不適切な利益

  不当、不適切な利益を得るような賄賂又は他の資金の供与・受領を禁止する。

 
 情報の公開

  法令での公開の義務付けにかかわらず、消費者や顧客、関係者に対して積極的に情報提供・開示を

  行う。
  ※情報提供開示すべき内容とは、事業活動の内容、財務状況、業績、リスク情報等を指す。

 
 知的財産権

  他社の知的財産権(特許、実用案件、意匠、商標、技術、ノウハウ等)は尊重され、侵害してはな

  らない。

 
 公平な事業、広告、競争

  公平な事業、広告、競争のための基準を作成し、顧客情報の安全管理を行う。

 
 顧客・個人情報の保護

  取引先や従業員についての情報が守られる仕組みを作成し、実施する。

 
 社会・地域貢献

  地域社会と経済の発展に貢献できる活動を推進する。