品質方針

 当社は、社是並びに経営方針と整合性を保つ品質方針を以下の通り定めます。
品質マネジメントシステムの確立は、顧客の要求に応えて高い品質の製品を安定して供給し、顧客の信頼を得ることにあります。当社の品質マネジメントシステムに対する基本を 「品質の安定と顧客の信頼」 とします。
これを効果的に実践することが、当社の着実な発展の必須条件です。
この品質方針に則り当社は、常に顧客の品質要求を的確に把握し、全工程について最善の管理がおこなえるように、品質システムマネジメントを確立して、運営するとともに、次の品質目標を実践します。

1.顧客重視

 企業は顧客に依存しており、そのために現在及び将来の顧客ニーズを理解し、顧客要求事項を満たし、顧客の期待を越えられるように努力する。

 

2.人々の参画

 全ての階層の人々は、企業活動の根本的要素であり、その全社員が個々にそれぞれの知識と技能を高めて、組織

 の便益の為能力を活用し、活動の成果を上げる。

 

3.継続的改善

 全務並びに実績の改善を継続して進める。そして、継続的改善を永遠の目標とする。

 この品質方針及び品質目標の達成を確実にするために下記の事項を実践する。

  (1) 品質方針及び品質目標を全ての従業員に伝達し、理解させる。

  (2) 品質目標に対して整合性があり、その達成度が判定可能な品質目標に展開し、実践する。

  (3) 品質方針及び品質目標は、科学技術の進歩、社会の動向、発生品質問題、品質システムの
       持続可否の問題及び顧客の要求などを考慮して、適切性の持続のためにマネジメントレビュー時に見直しを

        行なう。